溶射・溶接、機械部品製作、加工の株式会社アクシア

溶棒式フレーム溶射(ローカイド)

【溶棒式フレーム溶射(ローカイド)】

酸素・アセチレンの燃焼フレーム中にセラミックスの棒が送給され、加熱により急速に溶融されます。棒の先端にできた液滴が、圧縮空気により微粉化されて基材に吹き付けられるプロセスのことを溶棒式フレーム溶射(ローカイド)といいます。

溶射皮膜は未溶融粒子を含まず、粒子間結合が高い皮膜が形成されるため、防食溶射や、セラミックスの高硬度を利用した耐摩耗溶射が主流です。またセラミックス材料は融点が高く耐熱性に優れているので、高温部材の耐熱向上にも利用されています。

youbou_01 youbou_02
【溶射材料】↓Clickで拡大↓

事業内容

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 溶射・溶接の株式会社アクシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.