溶射・溶接、機械部品製作、加工の株式会社アクシア

粉末式フレーム溶射(自溶性合金)

【粉末式フレーム溶射(自溶性合金)】

酸素・アセチレンの燃焼フレーム中に、粉末溶射材が送り込まれ、溶射皮膜を形成させるプロセスを、粉末式フレーム溶射(自溶性合金)といいます。

当社では、Ni基・Co基・Ni基+Wcの自溶性合金を行っています。フュージングを行うことで、溶射皮膜と素地の間で相互拡散が起こり、薄い合金層が形成し冶金的に結合する。

他の溶射材料に比べ、緻密な皮膜を形成することができ、密着力・耐摩耗・耐エロージョン性・耐食性・耐高温性に優れています。

【ボイラーの蒸発管・高温腐食皮膜-Ni基】
hunmatu_001 hunmatu_002
【整流板・内面溶射 耐摩耗・耐エロージョン-Ni基+Wc】
hunmatu_003 hunmatu_004
【フュージングを行っています】
hunmatu_005 hunmatu_006
【溶射材料】↓Clickで拡大↓

事業内容

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 溶射・溶接の株式会社アクシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.